精密根管治療

精密根管治療とは

むし歯が進行すると、歯の中心部にある神経が化膿することがあります。神経は血管と共に「根管」というパイプ状の組織に包まれているので、神経が感染している場合、根管内部をキレイにする「根管治療」が必要となります。
根管治療は保険の範囲でも対応可能ですが、精密根管治療は、さまざまな機器を使用して再発が起こりにくい状態にする自費診療のメニューです。保険は適用されませんのでご了承ください。(当クリニックでは、精密根管治療専門医との 連携システムを取り入れていますので、外部医療機関での対応とさせて頂いています)

補綴指導医✕精密根管治療の専門医による連携治療

補綴指導医

難波 郁雄

補綴指導医の存在を建築に例えると、屋根や壁を担当するようなイメージです。根管治療を建築に例えると家の基礎部分の工事ようなイメージです。基礎工事が成功してこそ、長期に安定するお家が完成するという点を踏まえ、精密根管治療の専門医と連携する医療体制を確立し、長く健やかなお口の環境を手に入れて欲しいと願っています。

石井歯科医院

田中 浩祐

根管治療は根の先にできた病気を治す治療で、根管の中の細菌を取り除くことが主な作業になります。この治療は直径が0.2~0.5mmという非常に小さな空間を細かな器具を使用して行うため、精密な治療を行う器具や環境が整い、またそれらを使いこなせる専門医による治療が望ましいと言えます。なお、病気の再発を防ぐ意味から質の高い補綴治療を行うことは欠かせないため、補綴・歯内療法専門医の連携は患者様の利益につながるものと確信しています。

歯科医療の世界も、さらに分けるといくつかの分野があり、「補綴」や「根管治療」もその1つです。しかし日本の一般的な歯科クリニックでは、その細かい分野を問わず、歯科のことなら何でも引き受けて毎日さまざまな治療をしています。一方、一つの分野に特化してトレーニングを積み、その治療だけを行っている医師もいます。歯内療法を専門的に処置している医師であれば、普通の歯科医師よりも歯内療法に関するたくさんの症例を診ているので、おのずと技術も高く経験も豊富ということになります。

私たちの願い

私たちは、患者様に、より成功率の高い治療法を選択して頂いて、1本でも多くの歯が救われ、1人でも多くの患者様に笑顔で過ごして頂きたいと願っております。

精密根管治療の特徴

根管治療は、根管内部の感染を除去することで、抜歯を避けることを目的としています。保険でも自費でも目的は同一ですが、自費の精密根管治療は使用する機器の精度が異なります。 精密根管治療では、マイクロスコープを使うことで根管内を拡大して、画像で確認しながら感染を除去していきます。一方、保険の範囲ではマイクロスコープを使用しないので、歯科医師の経験値と勘で治療を進めます。もちろん歯科医師は、保険でも自費でも誠意をもって診療を行いますが、使用できる機器による精度の違いは発生します。
根管は非常に細く曲がりくねっていますが、マイクロスコープを使えば、劇的に治療の成功率が上がるのです。

マイクロスコープの使用

肉眼では見えなかった部分まで顕微鏡で詳しく観察します。

ラバーダム防湿の徹底

治療する歯の周囲をゴム製のシートでカバーします。これにより、唾液中の細菌が入らないようにします。また、次亜塩素酸ナトリウムや尖った器具が粘膜(歯ぐきや喉など)に触れる危険を防ぎます。

次亜塩素酸ナトリウム洗浄

根管は複雑に枝分かれしており、器具だけでは掃除が行き届かない部分も、次亜塩素酸ナトリウム溶液で洗い流し、殺菌します。

精密根管治療後の補綴治療について

根管治療専門医の治療が終了後に、補綴治療のスタートが始まります。患者様の健やかな咀嚼機能の回復や顎の安定を追求したデザインを当クリニック専属技工士と対話を重ねながら質の高い治療を心がけながら長期的に口腔内で安定してご使用して頂けるような補綴治療を提供させて頂いております。

精密根管治療の費用

治療内容 費用
精密根管治療 外部医療機関費用に準じる

※料金は全て税込み表示です

03-3535-8883

ページトップへ戻る