院内歯科技工士~永続性の高い補綴物のために~

歯科技工士イメージ図

補綴歯科治療の縁の下の力持ち=歯科技工士

他の歯科医院にはない当院の強みとして、院内に歯科技工士が常駐していることが挙げられます。歯科医院の体制についてあまり詳しくない方にとっては、それが強みと言われてもあまりピンと来ないかもしれません。歯科衛生士には馴染みはあるけど、歯科技工士には接したことすらないという方も少なくないでしょう。多くの患者様にとって、歯科治療を受ける時に歯科技工士のことを意識することはないと思います。しかし、歯科医療、とりわけ、当院のように精緻な補綴物の製作が求められる歯科医院にとっては、歯科技工士は「縁の下の力持ち」的な存在であり、その技量が治療の成功に大きく影響してくるのです。

しかし、ここで問題なのは、どの歯科医院でも補綴治療を行うことが出来ますが、その製作された補綴物のクオリティは同一ではないということです。この点に関しては、歴然とした差が出てきてしまいます。それほどまでに補綴歯科の世界は奥が深く、医師各々の技術や知識の習熟度には差があります。

こちらのページでは、歯科医療において歯科技工士がどのような役割を担っているか、歯科技工士が院内に常駐することにどのようなメリットがあるか、そして当院の歯科技工士の強みについてご説明させて頂きたいと思います。

歯科医師=設計士 歯科技工士=大工という関係

建築イメージ

補綴歯科治療(被せ物、詰め物、ブリッジ、インプラント…etc.)は「家を建てるようなもの」と喩えられることがあります。調査→設計→基礎づくり→上棟→完成といった建築工事の流れが補綴歯科治療の流れと非常に似通っているためです。

患者様の口腔内の状態を診査・診断し、患者様にとってベストな治療計画を立て、必要な場合は歯茎や歯根の治療を行い、患者様の身体にフィットする補綴物をデザインし、デザイン通りの補綴物を製作し、補綴物を装着した後に口腔内に合うように更に微調整をする。普段何気なく行われている歯科治療ですが、このように順序立てて各工程を書き連ねると、建築工事に喩えられることも頷けると思います。

では、この工程の中で歯科技工士はどの工程を担っているのか。前述した流れの中で言えば「デザイン通りの補綴物を製作」することが歯科技工士の役割となります。歯科医師は、診査・診断をし、治療計画を立て、必要に応じて歯茎や歯根の治療を行い、補綴物のデザインをしますが、実際に患者様に装着される補綴物の製作は歯科技工士に任されるのです。これはまさに、建築現場における設計士と大工の関係と言えるでしょう。

そして、この役割は、補綴治療において非常に重要になります。歯科医師がどれほど完璧な準備をして完璧なデザインをしたとしても、歯科技工士がその意図を汲み取れず、また拙い技術しか持ち合わせていないと、治療そのものが失敗になってしまうためです。患者様にとって何の違和感もなく、完璧な噛み合わせの補綴物を製作するには、大工の中でもトップクラスの技術を持つ「宮大工」のような歯科技工士の存在が必要になるのです。

歯科技工士が”院内”に常駐しているから生み出せる連携

連携イメージ

オーク銀座歯科クリニックでは、歯科技工士が常駐しています。これは歯科医院では珍しいことです。多くの歯科医院は補綴物の製作は、外部の歯科技工所に委託しています。

他の多くの歯科医院が外部の歯科技工所に委託をする中、何故当院では院内歯科技工士を常駐させているのか。それは噛み合わせ治療という非常にデリケートな治療を行っているためです。当院に治療にいらっしゃる患者様の多くは、過去に受けた歯科治療が原因で噛み合わせ不良になってしまった方です。当然噛み合わせが非常に不安定な状態の方ばかりです。そんな患者様に装着する補綴物ですので、精度は限界まで高めなければなりません。そのためには歯科技工士との綿密な連携が必要になってくるのです。

様々な通信技術が発達した現在ですから、外部の歯科技工所に委託したとしてもかなりの情報を伝えることが出来るようにはなったと思います。しかし、細かい微妙なニュアンスのイメージを伝えるためには、歯科技工士が院内に常駐していることは非常に大きなメリットになるのです。

日本人型咬合理論を理解している歯科技工士の強み

「咬合(噛み合わせ)治療が難しい本当の理由」のページで説明しましたが、噛み合わせ治療の基本となる咬合理論には、欧米人型のものと日本人型のものが存在します。現在の主流の噛み合わせ治療は欧米人型の咬合理論に基づいており、欧米人とは異なる咬合様式を持つ日本人には必ずしも適合するわけではなく、場合によっては咬合不良を引き起こしています。そうした状況を打破するのが、日本人の咬合様式を考慮して打ち立てられた日本人型の咬合理論なのです。

さて、この日本人型の咬合理論ですが、歯科医師でも理解している人間はそれほどいません。ましてや、歯科技工士でそれを理解している人間を見つけることはかなり難しいと思います。

そこで当院の院内歯科技工士の強みが発揮されます。当院の歯科技工士は、歯科医師とともに様々な勉強会やセミナーに参加しており、かなり高いレベルで日本人型の咬合理論を理解しています。噛み合わせ治療にあたっての共通言語とも言うべき咬合理論を理解しているため、意思疎通が非常にスムーズに行うことが出来、より精度の高い補綴物を製作することが出来るのです。

歯科技工士 大内浩司

歯科技工士 大内浩司

 

歯科技工士:大内からのメッセージ

​オーク銀座歯科クリニックで院内技工士をしている大内です。

​​歯科技工士という仕事は、一般的には歯の被せ物や詰め物、矯正装置、入れ歯など、口腔内に入る全ての補綴物の製作になります。これらは、一人一人顔が異なるように歯の形や色、口腔内の状態も異なるので、全てがオーダーメイドのものとなります。

​​オーダーメイドということは、患者さんの要求を解決していくことが必要となりますし、私たち歯科技工士が製作するもの一つで、その人のもつ笑顔や全身への健康が左右されてしまうため、責任はとても重大だと感じています。単純に言ってしまえば「歯を作る仕事」ではありますが、補綴物を通して患者様の全身の健康に寄与する歯科医院の縁の下の力持ちである歯科技工士の仕事は、とてもやりがいがあり重要な仕事なのです。

​​私は院内技工士としてオーク銀座歯科クリニックに勤務して数年経ちますが、院内にいることで患者さんと直接触れ合いながら、歯科医師や歯科衛生士といった治療サイドとの連携をとれる強みを日々感じさせて頂いております。その強みを生かしながら、これからも一人一人の健康のサポートに携わって行く為に知識や技術向上を精進していきたいと思います。

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ