歯内療法とは?

噛み合わせを治したい患者様を縁の下で支える歯内療法

精度の高い被せものを装着するための基礎づくり=歯内療法

当院は噛み合わせ治療専門の歯科医院です。患者様の身体にフィットする被せものを製作し装着することによって、噛み合わせの不調や身体全体の不調を解消出来るよう日々診療に当たっております。

しかし、患者様の中には、噛み合わせのみならず、歯根(歯の根っこ)にも治療が必要な方がいらっしゃいます。そんな患者様には、どんなに精度の高い被せものを製作したとしても、永続性の高い治療を提供することは出来ません。良い被せものを入れても、それを被せる歯根(根っこ)が良好な状態でないと、長持ちさせることは出来ないためです。

そんな患者様にとって必要な治療が、「歯内療法」と呼ばれるものです。

歯内療法とは、いわゆる「神経の治療、根の治療」です。虫歯があり、その侵食が神経まで及んでしまっている場合、または神経のない歯でもレントゲンにて根の先端に影がある場合などに行う歯科治療です。

歯内療法を行うべき理由は?

根管のイメージ写真
複雑な形態の根管

根の中には細い管=根管が存在し、その中に神経が通っています。
根管はたいへん複雑な形態をしており、肉眼ではその入口しか見ることができません。この根管の中に細菌が入り込み、細菌の住み家にされてしまうと、根の先に膿がたまることがあります。

歯内療法の目的は下記です。

1.根管の中に入った細菌を排除すること
2.細菌を再度侵入させないようにすること

根の治療は細菌との戦い

パイナップル缶と歯内の比較画像

こちらの比較画像をご覧いただければ、歯内療法の必要性がよりわかりやすくなると思います。

虫歯で歯に穴が空き、神経にまで到達してしまっている状態というのは、パイナップルの缶詰を空けて放置してしまっているようなものなのです。当然蓋を開けてしまっているので、細菌感染してしまうリスクは高くなるわけです。

歯内療法は専門医の処置をオススメします

歯科医療の世界も、さらに分けるといくつかの分野があり、「補綴」や「歯内療法」もその一つです。

しかし日本の一般的な歯科医院では、その細かい分野を問わず、歯科のことなら何でも引き受けて毎日さまざまな治療をしています。

一方、専門医は一つの分野に特化してトレーニングを積み、その治療だけを行っています。歯内療法専門医であれば、普通の歯科医師よりも歯内療法に関するたくさんの症例を診ているので、おのずと技術も高く経験も豊富ということになります。また、CT、超音波など、一般的な歯科医院にない専門的な設備も揃っています。

さらに、さきほど申し上げた歯内療法の目的は言葉で言うと簡単ですが、実際には細かい知識と技術が問われますので、例えば以下のようなテクニックを使いながら精密な治療をしています。

1.顕微鏡(マイクロスコープ)の使用

マイクロスコープ
マイクロスコープ

肉眼では見えなかった部分まで顕微鏡で詳しく観察します。

2.ラバーダム防湿の徹底

ラバーダム
ラバーダム

治療する歯の周囲をゴム製のシートでカバーします。
これにより、唾液中の細菌が入らないようにします。
また、次亜塩素酸ナトリウムや尖った器具が粘膜(歯ぐきや喉など)に触れる危険を防ぎます。

3.次亜塩素酸ナトリウムによる洗浄

根管は複雑に枝分かれしており、器具だけでは掃除が行き届かない部分も、次亜塩素酸ナトリウム溶液で洗い流し、殺菌します。

当院からご紹介するクリニック

当院は専門医による連携治療を行っているため、必要に応じて歯内療法専門医をご紹介しています。

澤田デンタルオフィス 澤田則宏先生
石井歯科医院 石井宏先生
イトウデンタルオフィス 伊藤創平先生
茅ヶ崎スクエア歯科クリニック 原めぐみ先生

ご予約・ご相談

03-3535-8883

メールでのご予約

このページのトップへ